ライフスタイル

【子育てママ】自分のやりたいことが分からない原因はこれ!

人生100年時代とも言われる中、

公的年金は、
支給額が引き下げになったり、

受給開始年齢も
75歳まで繰り下げることが可能に。

 

そうなると必然的に
長く働く必要性がでてきます。

 

自分にとってツライ仕事を
長く続けていくのは

精神的にも肉体的にも
避けたいですよね。

 

かといって、

自分のやりたいことも
分からない・・・

 

自分のやりたいことを
仕事にしたい

と思ったところで

そもそも
やりたいことが分からなかったら
前には進めませんよね。

 

そんなあなたに向けて
今回は、

自分のやりたいことの探し方
について

シェアします。

自分のやりたいことが分からないのはなぜ?

自分のことなのに、

やりたいことを考えても
まったく思い浮かばないなんて。

 

なんでなんだろう・・・

 

子どもを間近で見てると特に
この疑問は大きくなるかもしれませんね。

 

子どもって
自分のやりたいことが
とても明確なので。

 

自分のやりたいことが
分からない・・・

 

その原因はズバリ
忙しすぎるから!!!

 

毎日
やらなければならないこと
ばかりに追われて

自分時間が
ほとんど取れていない状況なのでは
ありませんか!?

 

やりたいと思っても
できない・我慢するというような
状況が続いてしまうと

自分のやりたいこと感度も
鈍ってしまいます。

 

やりたい!と思っても
できないわけなのですから

やりたいと感じないことが
自己防衛本能とも
言えますよね。

自分のやりたいことに気付くために

自分のやりたいことに
気付くために、

まずは
自分を忙しさから
解放してあげましょう。

やめることを決めて
実際にやめてみる。

 

そして、

その頑張っていた時間は
何も頑張らない時間に変えてみてください。

 

せっかく空いた時間に
また何か詰め込んでしまったら

また忙しくなってしまうので。笑

 

あくまでも

自分のエネルギーを使わない
余裕のある状態で過ごすのです。

 

始めは
何もしない状況に
ソワソワするかもしれません。

 

ですが、

そのソワソワを抜けて
「何か無性にこれしたい!」

と感じたことが

自分の本当に
やりたいこと!

 

忙しい中にいないことで
気付けるものがあります。

 

あなたがお金がもらえなくても
やりたいことが
本当にやりたいこと

というフレーズ
よく耳にしませんか。

 

これだって

自分時間がないような
忙しい日々の中では

ゆっくり考える時間すら
取れないので

答えは見つからないですよね。

 

すべては

自分にゆとり時間を
与えてあげることから!

 

そこから

何かが見つかります。

何もしないをする

「何もしないをする」

これ、
くまのプーさんの名言なんですけど。

 

プーさんは
「何もしないことは、
最高の何かにつながる」

と。

 

子育てしたり
仕事したり
家事したり・・・

私たちは大人になると
なんだかんだと
日々忙しく過ごしていますし、

何かを得るためには
努力したり行動したり

とにかく何かしなきゃ!

と思いがち。

(もちろん、
現状を変えるために
行動することはカギなのですが)

 

ですが、あえて

「何もしない」で過ごしてみる!

 

そうすることで、

「最高の何か」に気付く
時間をつくるのです。

 

私たちは
毎日忙しすぎるので。

まとめ

私たちは、

育児に仕事に家事に・・・
日々忙しく過ごしています。

 

そんな
「やならきゃいけないこと」に
追われた毎日の中で

自分の本当にやりたいことなんて
見付かりっこありません。

 

まずは
やめられることを
どんどんやめていって

何もしない
ゆとりある時間をつくっていくこと!

 

その何もしないで
ゆとりある時間を過ごした先に

「何だが無性にこれやりたい!」

というような
本当にやりたいことが
自然と見えてくるものなので。

 

自分のやりたいことが
分からないあなたは、

ぜひ思い切って
自分にお暇
与えてあげてくださいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。