体験談

ソーシャルワーカー時代のユニークなストレス解消法

私、
大学卒業後、
初めて就職した先は医療関係でした。


入社後に
上司のススメで
社会福祉士を取得。


その後
医療ソーシャルワーカーとして
グループ内の様々な施設へ。


今回は、

ワーカー仲間と実践していた
ユニークなストレス解消法について

シェアします。

医療ソーシャルワーカーの役割

ストレス解消法をご紹介する前に

「医療ソーシャルワーカー」って
何する人なのか

についてご説明しておきます。


医療ソーシャルワーカーは、

病院に来る方々のお悩みや心配事の解決を
サポートしたり、

入院ベットの管理、調整をしたり、

周囲の病院や施設等と連携をはかるべく
営業活動をしたり

しています。


とてもやりがいある
大好きな仕事ではあったのですが、
抱えるストレスも大きくて・・・


というのも、

ベット数に空きが出ていると
理事長から指摘され、

病棟では受け入れた患者さんのことで
看護師長さんに不平不満を言われまくり

患者さんやそのご家族からの不満も
一番に受け取る・・・

そんな
苦情処理係のような役割もあるから。


ベットがしっかり稼働していないと
病院の儲けはでないわけだし、

ベットを埋めると
病棟の看護師さんたちは大変になり
愚痴りたくもなるのだろうし、

患者さんやご家族も
先生たちには言いにくいことを
ワーカーには話してくれるわけで。


確かに
私たちが受け取っても
仕方のない内容ではあるのですが

一気に重なって色んなものがきたときは
さすがに精神的にキツイことも。


そんな精神状態を健やかに保つべく、

医療ソーシャルワーカーになりたての頃
修業のため志願して配属された医療相談室では、

ちょっとユニークなストレス解消法を
室長を中心に実践していて。


今回は、
そのストレス解消法を
シェアさせていただくのですが。


それをやると
重くなっていた気持ちが
一気に晴れやかに♪


その後、

室長のもとを離れても、

職が変わっても
取り入れているオススメの
ストレス解消法です。

ユニークなストレス解消法

そのストレス解消法とは

幸せ妄想ゲーム


妄想なんていうと、
怪しく感じる方もいらっしゃるかも
しれませんね。(笑)


どのように
妄想していくかというと、

まず
自分が幸せになるテーマを
設定します。


よく相談室で
ワーカーたちと実践していた
幸せ妄想ゲームを例に挙げて
説明してみますね。


室長:よし!今日はどこに行く?

ワーカー1:ハワイ!

ワーカーその他:ハワイいいね~

室長:じゃ、今日はハワイへ行こう!

(そういうと
みんな目を閉じて
椅子のリクライニングを倒し
リラックスした体制になります)

室長:ハワイに到着!天気がいいね~

ワーカー1:ホテルも最高~

ワーカー2:見てください!バルコニーからキレイな海が!

みんな:わ~めっちゃキレイ~

室長:水着に着替えて行っちゃう?

みんな:行く、行く~

・・・

というような感じで

自分たちが体験したいものを
どんどん妄想していきます。


見たいもの
体験したいことを
どんどん妄想していくので

ニヤニヤしちゃうくらい
本当に
幸せな気分になれちゃうんですよ^^


やり出すと
みんなの幸せ妄想は止まらないので、(笑)

たいていの場合、
誰かの院内携帯が鳴ったら
ゲーム終了。


いきなり現実に戻るわけですが、
ガッカリすることもなく、

幸せ妄想ゲームのお陰で
幸せな気持ちのまま

元気な自分で
仕事に戻れちゃうんです。


不思議なことに
その後は仕事の処理スピードも
格段に上がるんですよね~


日常のパフォーマンスって
気持ちに左右されるんだな・・・

と。

まとめ

生きていれば
「ストレス」って必ずあります。


ためすぎると
心身ともに悪影響を及ぼすので・・・


そんなときは
幸せ妄想ゲーム!


妄想なので、
いつでも、どこでも
簡単にできちゃいます。


最近
ストレスが溜まってるな・・・
と思ったら、

自分の頭の中で
行きたい場所に行って
やりたいことを体験して

幸せ気分を
たっぷり充電してみてくださいね。


オススメですよ~

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

投稿者:しとりん

プロフィール|しとりんブログ (shitorin.com)