自己投資

一般的ではない?わがやのジュニアNISA活用法

2023年で
制度が終了してしまう
ジュニアNISA。

 

わがやは
一般的ではない視点で
活用しています。

一般的なジュニアNISA活用法

ジュニアNISAは
0~17歳までの未成年者が

年間80万まで
最長5年間非課税で
資産運用できる制度。

たいていの場合、

つみたてNISAもiDeCoも
満額やっていて

まだ余剰資金がある方向けに
オススメされています。

わがやのジュニアNISA活用法

わがやも今年に入って
ジュニアNISAを始めたのですが

iDeCoも
満額運用していないですし

余剰資金があるわけでは
ありません・・・

 

では、なぜ始めたのか。

 

2023年で終わってしまう
ジュニアNISAを
体験してみたかったから。

 

なので、

「子どもと一緒に
投資勉強しよう!」

という位置づけで

毎月2,000円ずつ
全世界株へ投資しています。

(この2,000円のうち
子どももお小遣いやお年玉の中から
毎月1,000円を出資しております)

 

2023年をすぎると
新たに投資はできませんが

18歳までは
引き続き非課税で保有できます。

 

ですから、
かなり少額ではありますが、

小学生の子どもと一緒に
値動きなど色んな変化を観察しながら

資産運用を体験できればいいな~

と。

経験することを大切にしたい

「ジュニアNISAを
子どもと一緒に体験してみたい!!!」

との強い想いがあったので、

「ジュニアNISAは
余剰資金がある人がするもの」

という概念の枠から出て
今回始めるに至りました。

 

資産運用を始めて間がないですが
現在、100円くらいの範囲内で
プラスになっていて。

(元手が少ないので
増え幅も少額ですが、

銀行に預けておくだけより
断然増えてます^^)

 

子どもも
「何もしてないのに
お金が増えてる~」と

お金が働いてくれる感覚を
感じ始めてる様子。

 

今後は、
増えるばかりではなく
減ることもあると思います。

 

ですが、

こうやって
値動きを実際に体験していく
ということが

子どもにとっても
大きな経験に!

(今のところ
学校では金融教育がないので)

 

これからの時代は

個人で資産運用していくのが
主流になっていくでしょう。

(国自体が
NISAやiDeCoを打つ出して
個人の資産運用を
後押ししていますから。)

「百聞は一見に如かず!」

とも言われるように

経験することで
自分の世界は
どんどん拡がっていきます。

 

今回始めたジュニアNISAも
資産運用の体験を通して
どんな経験ができるんでしょうか♪

 

子どもと一緒に
楽しみたいと思います^^

(子どもの変化も
楽しみだな~)

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。