ひとり会議/つぶやき

1つのモヤモヤがパーッと晴れた日【キーワード:感謝】

私、

「好意」でしたことだと
言っておいて

「お礼」を言ってくるのが
当たり前・普通だと怒っている人に

ずーっとモヤモヤしていて・・・

 

子どもと寝る前に読んでいる本の中に
そのモヤモヤの正体が!

 

「なるほど~!
そういうことだったのね~」

とモヤモヤがパーッと晴れて
気持ちがスッキリ♪

感謝って、そもそも求めるものなの?

自分が「好意」で
してあげたことに対して、

「せっかくしてあげたのに
ろくに感謝もないなんて
まったく〇〇は・・・」

なんて言っている人、
あなたの周りにもいませんか!?

 

私は
こういう話を聞くたびに

「確かに
何かしてもらったら
感謝を伝えることって大事だけど、

それをしてあげた方が求めるって
ちょっとおかしくない???」


いつも「モヤッ」としていて。

 

(実はこういう人が
私の身近にもいまして・・・^^;)

 

実際にあった話なんですが、

私がまだ結婚していたころ
色んなものを段ボールにつめて
送ってくれていたことがあって。

 

もちろん、

送ってくれたことには
とても感謝していましたが、

バタバタしていて
お礼の連絡が
少し遅れてしまったことが・・・

 

そしたら、

「荷物届いてない?
届いてるのにお礼も言ってこないなんて
どういうこと???怒」

「普通、してもらったら
感謝の気持ちを伝えるのが
当たり前のことでしょ!!!怒」

と、怒りの電話が。

 

そんな風に言われると
感謝の気持ちは激減・・・

 

その後は
その方から荷物が届くたびに

「早くお礼の電話しておかないと
また怒られるよ!」

というのが
元夫との合言葉になっていました。

 

こういう事件は
私に対してじゃない場合でも
起こっていて。

 

周りの人に
自分の好意で何かしてあげても

その相手から
自分が思ったような反応が
返ってこなかったら

「あの人は
これだけのことをしてあげても
こんなことじゃね・・・」

なんて言っているのです。

 

そういう状況を
目の当たりにするたびに

言葉は悪いかもしれないですが、

自分が「してあげたい!」
と勝手に思ってしたことに対して

見返りを求めるなんて
おかしくない!?

と、いつもモヤモヤ。

 

だって
相手がどう受け取るかは
相手の自由なわけで・・・

 

そこには正解も不正解もない。

 

「感謝」って
自然と湧き出てくるものだから!

 

何度か
「人の受け取り方はさまざまだから
仕方ないことかもよ・・・」

と言ってはみるも、

まったく私の意見に耳を傾けることもなく
(むしろ逆に怒られるくらい・・・)

感謝を求める姿勢は変わらずで。

 

私も
「そういう考えの人なんだ」
と割り切ればいいのに

そういう状況に出くわすたび
モヤモヤ、モヤモヤしてしまって、

自分に湧き上がってくる
マイナスの感情を
ずっと手放せずにいました。

モヤモヤが晴れた日

モヤモヤの感情と向き合っても
手放せずにいたわけですが、
ついに手放せる出来事が!

 

最近、

寝る前に子どもと本を読むのが
習慣になっているのですが。


↑この本の中に、
私のモヤモヤの正体を発見!!!

誰かに何かを与える時、
自分が満たされていないと
本当の意味で与えることができません。

「(して)あげたい」から始まったはずなのに
「(お礼が)欲しい」になっていることが
問題なのです。

それ以上に「もらって当然」と
要求しているかもしれません。

要求するということは、
相手のエネルギーを奪うことになります。

~マツダミヒロ著
「質問は人生を変える」より引用~

なるほど~

人に何かを与えながらも
満たされていない状態だったから

してあげた相手に対して
お礼を要求していたのか!!!

 

そして、

私がずっとモヤモヤしていたのは
そのことによって
エネルギーを奪われていたからなんだ!!!

 

モヤモヤがパーッと晴れて
気持ちがスッキリと
晴れやかになった瞬間でした。

まとめ

相手がしてくれたことに対して
感謝を求めてくるのは、
してくれた方が満たされていないから。

 

してもらったことに対して
「感謝」を求めてくる人に出会って
モヤモヤする自分の感情に気付いたら・・・

「さては、
自分が満たされていないんだな」

と、
自分の視点を変えて
モヤモヤする感情を手放してしまうのがカギ!

 

巻き込まれてしまうと
あなたの大切なエネルギーが
奪い取られてしまいます・・・

 

自分のエネルギーは
自分にとって本当に大切なことに
しっかり注いでいきましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

投稿者:しとりん

プロフィール|しとりんブログ (shitorin.com)