自己投資

健康であるために大切な3つの食べ方

ゆとりある未来のために
「健康」であることは必須!

 

健康でないと
楽しめることの幅が
極端に狭くなるから。

 

その「健康」を築く土台として
大切にしたいのは「毎日の食事」

(「健康」は
お金がいくらあっても買えません・・・)

 

私たちは
食べたもので出来ているので。

 

今回は

食をテーマに
活動していた経験をもつ私が

(新宿伊勢丹主催の
カルチャースクールでも
講義経験あり)

健康の土台を築くために
大切にしたい3つのことについて

シェアします。

健康であるために大切にしたい3つの食べ方

健康であるために
大切にしたい3つの食べ方とは・・・

1:旬のものを選ぶ

旬のものには
その季節を乗り切るために必要な
エネルギーがいっぱい!

 

ランチを食べに行っても
季節限定メニューを選んだり。

 

食卓にも旬の食材たちを
積極的に取り入れるように
してみてください。

(旬の食材は
価格も抑えられるので

家計にもやさしいのも
嬉しいポイント)

2:生産地は住んでるところに近いものを選ぶ

生産地で迷ったら
ご自身が住んでる地域に
なるべく近いところのものを!

 

地消地産が
理想的です!

 

というのも、

住んでいる地域によって
カラダに必要なエネルギーは
異なります。

 

同じ時期でも

北海道で欲するのは
カラダを温めるものでも、

沖縄で欲するのは
カラダを冷やすものだったり

ってこと
ありますよね。

 

そして、

気候が違えば当然
育つものも違います。

 

たとえば

気候的に暖かい沖縄では
パイナップルやさとうきびなど

カラダを冷やすものが特産ですよね。

 

このように、

生活圏に育つもので
必要なエネルギーが補えるように
なっているというわけです。

(うまいこと
できているのですよ~)

 

ですから

タイムリーに今
カラダが欲しているエネルギーを
補ってあげるためには

住んでいる地域に近い産地の旬ものが
より効果的なのです。

3:加工度の低いものを選ぶ

加工度が低いとは
あまり手が加えられていないもの。

 

食品添加物などが
それにあたります。

 

というのも、

私たちは
食べたものを消化吸収して
カラダの栄養に変えています。

 

加工度が高ければ高いほど
消化吸収のための工程が大変で
カラダに大きな負担がかかってしまうのです。

 

食べるものも
シンプルイズベスト!

 

カラダにとっては

蒸しただけの芋とか
茹でただけの野菜など

手をたくさん加えない方が
消化吸収しやすいのです。

(単純なメニューは
つくる側も簡単なので
嬉しいですよね~)

人生で一番多い選択

人生には
選択がつきもの。

 

中でも

「何食べようかな~」

これは
私たちが人生で一番たくさんしてる選択

と言えます。

(生きていくためには
必ず選択していることなので)

 

1日3回だとしたら
1ヶ月で90回。
1年で1,095回!

私は40代なので・・・
今まで43,800回以上も
食の選択をしていることに!!!

 

43,800回って・・・

数字にしてみると
スゴイ数ですよね~

 

その選択の積み重ねで
今の自分の状態がつくられているので

1回1回の選択は小さく感じても
43,800回も重なったら・・・

スゴイ違いになるのは
容易に想像がつきます。

 

また、

今のあなたは
あなたが7年前に食べたものの結果
と言われています。

 

今のあなたのカラダや心は
満足いく状態ですか!?

 

あなたは7年前
どんな食生活でしたか?

 

食べたものは
カラダだけでなく心にも影響しますから

未来の自分のためにも
今日の選択を大切にしていきたいですよね。

少しずつでもコツコツと

毎日思うように
カラダにやさしい選択が
出来なかったとしても

「やっぱり私はダメだー」
なんて自分を責めないでください。

(しなければならない・・・
になっちゃうと

食べることが幸せでは
なくなってしまうし、

食べる選択は生きていれば
たくさんチャンスがあるので)

 

完璧は目指さず、

できる範囲でコツコツと
自分がハッと気づいたときにでも

少しずつ自分にやさしい食べ方を
取り入れていってみてください。

 

自分にやさしい食べ方をしたときは

「わ~
今日は自分を大切にできたぞ~♪」

と、楽しみながら。

 

とりあえずやってみて
自分なりに変化を体感していくことが大切。

 

自分にやさしい食べ方を
続けているうちに

「何だか○○が食べたいかも」

と、カラダの方から
カラダにやさしいものを
欲するようになってきますので。

 

食べたものは
決して裏切りません。

(いい意味でも悪い意味でも)

 

ですから

自分にやさしい食べ方をすることは
ゆとりある未来のための
最強で重要な自己投資の1つなのです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。