自己投資

自分を理想の未来へ!ドリームボードのススメ

自分の理想の未来が
すでにある人にも、

 

今の現状に
「自分はこんなもんじゃない!
もっといけるはず!」

と思いつつも
自分の理想がイマイチつかめない
という人にも、

 

オススメしたいのが
ドリームボード!

 

実は以前にも
チラッと触れたのですが。

今回は、
ドリームボードについて

「ドリームボード講座」の
認定講師資格まで取得しちゃった私が
しっかりご紹介していきますね。

ドリームボードとは?

ひとことで言うと

「1枚の紙に理想の未来を創ったもの」

なぜ、ドリームボードがオススメなの?

1:簡単につくれる

画用紙でも
ノートの見開きでも。

 

とにかく何でもいいのですが
1枚の紙の上に

自分の思い描く
理想の未来のイメージ画像だったり、

理想の未来がよく分からなくても
「これ、なんか惹かれる」と感じる画像

雑誌やネットから集めてきて
ペタペタ貼り付けるだけで完成!

 

私の最近のお気に入りは
コチラ↓

 

ネットで惹かれた画像を
スマホでスクショして

その画像を
シールでプリントアウトできるので

そのまま
ペタペタ貼れて
とても便利なんです。

2:誰でもつくれる

自分の「好き♪」を集めてきて
ペタペタ貼り付けるだけなので、

年齢に関係なく
小さい子どもでもつくれてしまいます。

(私も実際
子どもとつくることもしてきました)

3:自分の好きなようにつくれる

「こうやってこうする」
というような決まりごとは一切なし。

 

自分好みのデザインで
自分好みにアレンジして
自分だけのボードを作ることができます。

4:脳はイメージを描いてインプットする

自分の理想を叶えようとするとき
自分の「脳」を味方につけることが重要。

 

私たちの脳は
必要だとインプットしたことに関する情報を
どんどん集めてきてくれる仕組みなので。

 

その私たちの脳は
「言葉」ではなく、

「絵」
つまり「イメージ」を描いて
インプットするようにできています。

 

自分の理想の未来を描いた
ドリームボードは、

まさに
私たちの脳を味方につけるには
打ってつけ!

というわけです。

5:毎日3分眺めるだけ

もっとも効果的なのは、
「寝る直前の3分間、
眺めてから寝る!」

 

たったこれだけで
効果的に「脳」にインプット
できちゃいます。

どうやって創ったらいいの?

ステップ1:素材を集める

自分の理想の未来を連想させるような
見ているだけでワクワク♪気分が高まる

雑誌の切り抜きや写真などを
集めてくる。

ステップ2:用紙に貼り付ける

集めてきたが画像を
画用紙やノートの見開きに
ペタペタ貼っていく。

ステップ3:インパクトのある文字を入れる

イメージ画像の中心部に
「目標」「マインド」「あり方」

など
自分の理想の未来を象徴する文字を
入れます。

 

その際、
注意したいことが、

否定語は
使わないこと!

 

現在進行形か完了形で書くのが
ポイントです。

 

脳は否定してることも
望んでることだと勘違いして
インプットしてしまう性質なので。

 

分かりやすい例を挙げると、

子どもに
「転ばないように気を付けてね」
と注意したにも関わらず

子どもが転んじゃって
「だから気を付けてって言ったのに」

というパターン、
経験ありませんか!?

 

これって、まさに

「転ばないように気を付けて」
と言われたことで

子どもの脳は
「転ぶこと」をイメージ。

 

そして、
イメージ通り転んでしまう。

 

つまり、

子どもの脳内では
母親に言われたことを
忠実に再現したために転んだ

ということ。

 

このように
脳に勘違いされないように、

×お肌がキレイになりたい
(→脳には、お肌がキレイじゃないイメージが
インプットされてしまう)

〇お肌がキレイになりました!

 

×太りたくない
(→脳には、
太るイメージがインプットされてしまう)

〇こんなに痩せました!

 

×タイトスカートを履きこなしたい
(→脳には、
タイトスカートを履きこなせていないイメージが
インプットされてしまう)

〇タイトスカートを履きこなせています!

 

否定語には十分気を付けて
自分の理想の状態を
しっかり脳にインプットしてもらいましょう。

どうやって活用していったらいいの?

ポイント1:脳にインプットされやすい時間を活用

寝る前と朝起きてすぐは、
意識が薄い状態なので、

脳にイメージが
効果的にインプットされやすくなります。

 

ですから、

寝る直前の3分間や
起きてすぐの時間に

自分がつくったドリームボードを
眺めることを習慣化しましょう!

ポイント2:毎日の隙間時間を活用

自分がつくったドリームボード、

大き目の画用紙につくった方は
スマホで撮影しておいて

ハッと思い立った時に眺める。

 

ノートにつくった方は
そのノートを常に持ち歩いて、

ハッと思い立った時に眺める。

 

いつでも
触れられる状態にしておいて

思い立った時に眺めて
自分の理想の未来をイメージングする機会を
たくさんつくっていきましょう。

 

そうすることで、

脳にしっかりインプットされ、
理想の未来にたどり着くための情報を
どんどん集めてきてくれます。

 

自分の隙間時間は、
自分の未来へ投資しましょう!

ポイント3:動いてるときも活用

運動している時や移動中なども
ドリームボードを眺めるのはオススメです!

 

運動することで脳が活性化され
よりイメージが脳に刻まれやすいので。

 

いつでも、どこでも
自分の理想のイメージを
持ち歩いちゃいましょう!

こんな時はどうしたらいい?

Q1:描いたものが叶ってしまったら

叶ってしまったら
また新しいものをつくりましょう。

(私自身も
年に数回描き替えた経験があります^^)

Q2:眺めていても気分が高まらなくなったら

自分の望みが変化することは
よくあること。

 

その時は
また自分の理想の未来を
描き直しましょう。

まとめ

自分の理想の未来を連想させる
イメージ画像を眺めているだけで

脳が叶えるための情報を
どんどん集めてきてくれて

実際に理想が叶っちゃう!

 

そんな素敵なパワーが
ドリームボードにはあります。

 

ドリームボードは、

作る時も
自分の好きなものを集めるので
とても楽しいですし

眺めてる時も
楽しい妄想が拡がって
とても楽しい時間を過ごせます。

 

こんな楽しいことをしながら
理想が叶っていくなら・・・

やってみない手はないですよね^^

 

今まで自分の望みを我慢し過ぎて
自分の理想が分からなくなってる人も

ドリームボードをつくることで
自分の望みに気付けたりします。

 

ドリームボードは、

自分の理想の未来を叶えるためにも
自分の望みを知るためにも

とてもオススメのツール!

 

ぜひ
あなたのよりよい人生に
有効活用してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。