体験談

小児科医直伝!子どもの便秘解消法

私は小学生の子をもつ
シングルマザーなのですが、

うちの子
赤ちゃんの頃から
便秘気味な傾向で。

(排便はだいたい3~4日に1度。

あまりにも便秘が続くと
高熱が出ていました・・・)

 

先日小児科にかかった際に

先生から教えてもらった
便秘解消法が効果があったので

今回は
子どもの便秘解消法について
シェアします。

便秘になる仕組み

通常の場合、

便がたまる
→直腸がひろがる
→排便される

 

これが便秘の場合、

便がたまる
→水分が吸収されて便が硬くなる
→排便のときに痛い
→排便を我慢する

という負のループにはまり、

 

直腸がひろがっても

便がたまることに
直腸が慣れてしまうことで

便意が起こりにくくなり
便秘になっていくのだそう。

便秘を解消するための対策5選

1:しっかり体を動かす

体をしっかり動かすことで
腸も動くので
便秘解消につながるのだそう。

2:とにかくほめる

子どもは基本的に
褒められるのが好き。

 

なので、

トイレに入れただけでもほめる!
いいうんちが出るとほめる!

 

とにかく
ほめてみることが
排便の習慣化には大切なのだそう。

3:便秘に効果的な食品をとりいれる

◎緑黄色野菜

◎豆類

◎穀物

◎いも類

◎果物

◎海藻類

◎きのこ類

◎乾燥食品(切干大根など)

など、

便秘に効果的な食べ物で
カラダの内側からアプローチする。

(硬い便を水分だけで
柔らかくしようと思ったら
バケツ2杯分の水分が必要なのだそう。

こんなに水分をとるのは
ちょっと難しいですよね・・・)

4:排便する体勢を整える

足とお腹がくっつくような体勢が
排便には最適なのだそう。

(イメージは
和式トイレを使用するときのような体勢)

 

その体勢をつくるためには
洋式トイレに踏み台を置くのが
オススメなんですって!



これ、実は
子どもにも大人にも使えるので
親子で使えちゃいます♪

(大人の方にもぜひ!
かなりスムーズに排便できます)

5:医師に相談

上記の1~4を試みて
それでもダメなら医師に相談。

 

数日排便がなければ
自宅で2日連続浣腸使用したり、

内服薬を使って
排便する習慣をつくっていく。

(2歳以上で使用可能な
よく効く薬があるのだそう)

 

排便する習慣がつくことで
排便は苦痛なものではなく
スッキリするものへ。

 

排便は1日1~3回、
軟便が継続することが
望ましいのだそう。

1~4を実践してみた体験談

普段は
排便は3~4日に1度くらいの
便秘気味だったうちの子・・・

ホント排便時は大変で。汗

 

「ママ、もう無理、もう無理~」
って毎回泣きながら
大汗かきながらの戦い。

 

そんなヒドイ状況だったのに、

小児科の先生から教わった
1~4のことを実践したことで

ほぼ毎日排便があるように!

 

ほぼ毎日排便があるお陰で
便も軟便になり、

排便時の苦痛から解放され
お腹の中がスッキリしている

とのこと。

 

(今までも子どもの便秘対策には
色々と取り組んでいたものの
思うような効果がでなかったわけですが。

今考えると
断片的だったり、
1つだけを集中的にやっていたので

トータル的にはアンバランスで
効果が得にくかったのかな・・・)

 

排便がある日を
「ほぼ毎日」としたのには

整ってきた今でも
排便がない日もありまして。

 

排便がなかった日は
1日の生活習慣を振り返ってみるのですが、

体をしっかり動かせてなかったり
食べ物からのアプローチが少なかったり

何か欠けてる要素があって。

 

翌日
その気付きを行動に変えることで
ちゃんと排便につながっています!

まとめ

何をするにも
「健康」なカラダがあってこそ。

 

そんな健康なカラダを保つためには
ムダなものを出す「排便」は重要なこと!

 

もしも
子どもが便秘気味で悩んでいるなら

1:しっかり体を動かす

2:とにかくほめる

3:便秘に効果的な食品を取り入れる

4:排便する体勢を整える

↑これらを総合的にやってみて
改善がみられないようなら

かかりつけ医に相談を!

 

子どもを育てていく中で
悩みは尽きないもの・・・

 

良かれと思ってやったことが
いい結果につながらなかったり、

やってあげたい!と思っていても
思うようにできなかったり。

 

ママもスーパーマンじゃないし
うまくいかないことで
自分を責める必要もない。

 

「常に完璧に!!!」

なんて考えていると
ママもしんどくなっちゃうから。

 

うまくいかなかったときは
振り返ってみて
足りなかったことを補えばいいだけ。

 

専門家や周りの詳しい人に
相談してみてもいい。

 

いいと言われている情報も
子どもによって
効果の出方は違うもの。

 

なので、
大切なのは

手に入れた情報より
目の前の子どもの変化に
しっかり目を向けること。

 

色々と試行錯誤してるうちに
自然といい方向へ向かっていくから。

 

このシェアが
便秘の子どもをもつママにとって
少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

投稿者:しとりん

プロフィール|しとりんブログ (shitorin.com)