ひとり会議/つぶやき

思い込みの変換に納得感はいらない!

こちらのブログでは、

【貯金なし・養育費なし・職なし】
だったシングルマザーの私が
ゆとりある未来へ向かって進んでいく過程

をテーマにしております。

 

 

ゆとりあるライフスタイルを
叶えるべく

絶賛、自分の思い込み変換中の
私ですが。

「よし!人生変えてみせるぞー!!!」
と意気込んで思い込みの変換を試みるも、

「私がホントに叶えられることなのかな・・・」
なんて不安に思ってしまって

結局、元の自分に戻ってしまった
という経験、ありませんか!?

 

 

今回は、

今まで
思い込みの変換が
うまくいかなかった方に向けて

解決法をシェアします。

なぜ、思い込みの変換が必要なの?

本題に入る前にまず、
そもそも・・・

自分の思い通りの
ライフスタイルを叶えるために

なぜ
思い込みの変換が必要なのか

という点について
解説しておきますね。

 

 

疑問に感じている方も
いらっしゃると思うので。

 

【思い込み】とは

深く信じこむこと。
また、固く心に決めること。

~Wikipediaより引用~

この思い込みとは

家庭だったり学校だったり
自分が身を置いている環境の中で
常識とか当たり前とされていること。

 

 

要は、

今までの体験の中で育まれたもの
というわけです。

 

 

ということは、

今いる環境の外では
今まで思ってる思い込みとは
別の思い込みが存在する

ということでもあります。

 

 

例えば、

今までいた環境内では
年収400万円が普通でも、

環境が違えば
年収1億円が当たり前の世界だって
あるわけです。

(ものすごく極端な例ですが。笑)

 

 

年収1億円の人は
年収400万円の人とは

「当たり前」が
違う部分が多々あるはず。

 

 

だからこそ
大きいお金を回せているのでしょう。

 

 

そんな高年収の集団に
年収400万円が当たり前の世界から
お仲間に入れてもらったとして。

 

 

最初こそ
ものすごい違和感を感じると
思うのですが

年収1億円になれる可能性って
格段に上がると思うんですよね。

 

 

億万長者の思い込みを
体感できるわけなので。

 

 

思い込みが変われば
行動が変わって、

行動が変われば
未来が変わる!!!

 

(↑これ
人生を変える方程式)

 

 

だから、

思い通りの
ライフスタイルを叶えるためには

そのライフスタイルを
すでに叶えてる方が持っている思い込みに
変換していくのが早い

と言えるのです。

(マインドセットとも
いわれているものですね。)

思い込みの変換に納得感が必要ないわけ

ここから
今日のテーマです。

 

 

思い通りの人生を送るために
そのライフスタイルを送っている方の

思い込みを体感して
自分にインストールしたとして。

 

 

私たちって
どこか

「自分でもできそう!」
みたいな

納得感を求めてしまう傾向に
ありませんか!?

 

 

だって

「自分でもできそう!」
って思えたら

ものすごく
モチベーションも上がりそうですしね。

 

 

ですが、

冷静になって
考えてみてください。

 

 

私たちは

納得感なるものを
自分の過去の経験の中から
感じ取ろうとします。

 

 

ん???
自分の過去の経験の中から?

 

 

そうなんです!

叶えたいライフスタイルが
自分の経験の中にない場合、

納得感なんて
湧きっこないわけですよ。

 

 

そういうわけで、

思い込み変換において
納得感は必要ないのです。

思い通りのライフスタイルを叶えるために

思い通りのライフスタイルを
叶えるためには、

すでに叶ってる方の思い込みを
マルっとインストールして、

「今日から私は
この思い込みでいく!!!」

と決めるだけ。

 

 

叶えたいライフスタイルが
今の自分の延長線上にあるなら別ですが

そうでないなら
過去の経験からくる納得感なんて
一切必要なし。

 

 

納得感を求める自分を感じたなら

変化から
身を守ろうとする
ホメオスタシスが発動してるんだな~

くらいに思って
華麗にスルーしちゃいましょう。

 

 

そうして
新しい思い込みに従って
行動した先に

思い通りの人生が
待っているわけなのですから。

 

このブログを書きながら
綾香×コブクロさんの「WINDING ROAD」
の歌詞が思い出されました^^

========

曲がりくねった道の先に
待っている
幾つもの 小さな光

まだ遠くて
見えなくても

一歩ずつ
ただそれだけを
信じていこう

========

何だか無性に聞きたくなって
YouTubeで聞いちゃいました♪

久しぶりに聞いたのですが
やっぱり好きだな~

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。